サイズがコンパクト

コンパクトサイズを選ぶメリット

自宅で好きなタイミングで美味しいお水が飲めることで人気のウォーターサーバーは卓上型、床置き型の2種類用意されています。卓上型サーバーを選択する大きなメリットとし挙げられるのが設置のしやすさです。卓上型は文字通りコンパクトサイズとなっているのでダイニングテーブルはもちろん、部屋の収納棚に設置することもできます。単身生活で部屋のスペースが限られている環境でも気軽に利用でいるのは強みです。床置きに比べて重量が少ないため、女性でも簡単に持ち運びが可能で配置換えの時にも苦労をしません。コンパクトな形状だけに機能面に不安を感じる人も多くいますが、床置きのウォーターサーバーと機能性、消費電力共にほぼ同じ性能となっています。

利用する上で注意すべきポイント

省スペースで機能性に優れたコンパクトサイズのウォーターサーバーにも注意すべき点はいくつかあります。卓上型は床置きに比べて安定感の面で劣ることから、不安定な場所に設置してしまうと転倒するケースも少なくありません。地震などで部屋が揺れた時に倒れる事例もあります。卓上型サーバーを設置する時は土台が安定している所を選ぶのはもちろん、万が一の転倒に備えて周囲に物を置きすぎないことが大切です。もう一つのデメリットに選択肢の少なさがあります。一般的な床置きサーバーに比べると商品ラインナップは限られているのが実情です。メーカーによっては数種類程度しか取り扱っていないこともあります。自分のお気に入りを見つけるのに時間が掛かるという点は卓上ならではのデメリットです。